コールドスリープ

夏のサイクリストの強い味方!サーモス真空断熱ストローボトル登場

暑い日が続いてますが自転車乗りのみなさまいかがおすごしでしょうか?これだけ暑いと全然自転車に乗る気になれません。そんな根性なしですが今回は新兵器を手に入れました。

-SPONSER LINK-

それがこちら

サーモス 真空断熱ストーボトル(自転車専用)

「氷が溶けない魔法のコップ(タンブラー)」として、TVをはじめていろいろなところで紹介されているサーモス(THERMOS)から、自転車専用の真空断熱ストローボトルが登場!(保冷専用)

サーモス 真空断熱ストローボトル

ステンレスなボディーがいかにもサーモスな感じです。容量は600mlで、500mlのポットボトルを全部と氷を入れて丁度くらい。

サーモス 真空断熱ストローボトル

ワンタッチで蓋がひらいて、ストローがコンニチハ!すばやく水分補給できます。

実戦投入!さっそく使ってみた!

早速愛車に積んで出発!と思ったらボトルホルダーの径が足りなくて装着できず…最大径73mmってことで、ボトルホルダーも交換しました。

サーモス 真空断熱ストローボトル

サーモス 真空断熱ストローボトル

で、あらためて出発!ネオンイエローな愛車(Cannondale CAAD9–3)にはステンレスのボトルはちょっとゴツイですかね。そういえば本体重量も270gと以前のものより100gほど重くなっています。

この日(8月9日)はよりによって猛暑日で35℃オーバー。荒川サイクリングロードを中心に40kmほど走ってきましたが、いつもより休憩多めでしたね。やはり水分の摂取回数も増えるわけですが、さすがはサーモス、なんとスタートしてからゴールまでずっと冷えた状態をキープしてました!やっぱり冷たいっていいですね、生き返ります。

今年の夏はこれなしでは走れないかも。

Amazonで買う!

-SPONSER LINK-


PageTop