コールドスリープ

再び!Bike Shop SPIRITOさんにMTBのオーバーホールをお願いしてみた

3年前に引っ越してきてからずっとベランダに放置していたMTB。日差しと雨にさらされて気がついたらボロボロになっていました。もう捨てるしかないかもと諦めかけていましたが、嫁に自転車が必要になったのでダメモトでオーバーホールにチャレンジしました。

-SPONSER LINK-

とりあえず、SPIRITOに相談だ!

とかいいながら、チャレンジしたのは自分じゃなくてプロショップさん(汗)。過去にロードバイクのオーバーホールをお願いしたBike Shop SPIRITOさんです。そのときの記事はこちら

Cannondale F5(2007年モデル)

Cannondale F5

MTBはピンクのCannondale F5(2007年モデル)。8万円くらいでしたが、CannondaleのMTBの中では一番グレードの低いモデルで、ブレーキもサスペンションもパーツはあまり良いものではありません。でも、ピンクフレームはド派手で気に入っているのでできれば復活させたい!

問題は修理するか?交換するか?いっそ新車か?

なので、どうせ修理するなら、パーツはアップグレードした方が良いかもしれない。でも、いろいろ変えるとなると結構な金額になるので、ふつうに新車が買えてしまいます。

難しいところでしたが、使えるパーツはなるべく生かしてもらいながら、アップグレード効果の高いところはアップグレードする方針でいくことに。

用途は嫁の通勤用

次のオーナーは嫁なので、嫁が使いやすいように、サドルを痛くないものに変えたり、グリップまわりを小さくしたり、スタンドを追加したり。パーツを変えなきゃいけないところはせっかくなのでカラーリングも見直すことに。

オーバーホール ビフォア&アフター

オーバーホール前

Cannondale F5(レストア前)

Cannondale F5(レストア前)

フレームなどのキレイにできるところは自分で拭いてから持ち込みましたが、ギアもチェーンも茶色に錆びています。

Cannondale F5(レストア前)

サスペンションも錆びてます。タイヤも溶けてました。

Cannondale F5(レストア前)

ハンドルグリップは溶けていたので削りとりました。

オーバーホール後

Cannondale F5(レストア後)

まずは全体象。まるで新車!そして、全部ピンク!グリップもサドルもペダルも全部ピンク一色!本当はタイヤもピンクにする予定でしたが在庫がなかった…

Cannondale F5(レストア後)

ケーブル類はホワイトに統一。

Cannondale F5(レストア後)

ギアは分解して研磨してピカピカに!

Cannondale F5(レストア後)

フロントフォークも研磨してピカピカ!中のオイルも交換!

Cannondale F5(レストア後)

サドルは「ride like a girl」のロゴがかわいいテリーのレディースモデル。

オーバーホール作業費一覧

サドル交換(テリー ロージー) 8,100円
グリップ交換(グランジ Wロックスリム) 2,052円
タイヤ交換(パナレーサー ツーキニスト)× 2 8,580円
チェーン交換(シマノ CN-HG53) 1,614円
ペダル交換(ディズナ ロードWペダル) 4,310円
ブレーキキャリパー交換(シマノ BR-M336)× 2 4,582円
ブレーキレバー交換(シマノ BL-M445)× 2 2,795円
ブレーキホース交換(シマノ SM-BH59)× 2 4,530円
ブレーキローター交換(シマノ SM-RT66)× 2 3,288円
シフトアウター・インナー 1,706円
オーバーホール工賃(メンバー価格) 24,000円
合計 65,557円

総額65,557円。エントリークラスの新車が買えちゃうくらいかかっていますが、愛車を嫁用ピンクカスタムで復活できたので大満足です。特にパーツを交換していないところは、分解して隅々まで研磨・クリーンナップしていたただいてるにもかかわらず全部オーバーホール費用に含まれているようで感謝感激です。

オーバーホールを終えて

前回のロードバイクのときもそうでしたが、まるで新車のような仕上がりに驚愕&大満足です。まさかあのボロボロの状態から、こんな姿に生まれ変わるなんて!浅草から志木まで自走で帰りましたがニヤニヤが止まりませんでした。

嫁とMTB(後日談)

嫁はほぼ毎日のように通勤でMTBを使っています。それだけじゃなく、週末になるとサイクリングに行こうと誘ってきます。まさかそんなに自転車が好きになってくれるとは。うれしい誤算です。週末の早朝、叩き起こされながら小さな幸せを感じでいます。

最近はグローブとドリンクホルダーも購入し、ますます自転車にはまってきているようです。ひょっとするとロードバイクデビューもありえるかも?

-SPONSER LINK-

Top