コールドスリープ

オークリーの名作ZeroがEVZEROになって帰ってきた!

自転車用の愛用のサングラス(オークリーのZero)を落として紛失してしまったので、これは「新しいサングラスを買いなさい」というお告げに違いない!ってことで何かいいのがないかと探しにいったのですが、ありました!とてもいいのが!

-SPONSER LINK-

なんと!なくしたサングラスの後継モデル(EVZERO PATH)がちょうど発売してるじゃないですか。これはもう運命だわ!ってことで1mmの迷いもなく購入しました。

EVZEROとは

オークリー社が開発するアイウェアで、限りない軽量化を目指したZeroというモデルがありました。その名の通り0gを目指した超軽量モデルで、かけているのが全く気にならないかけ心地で話題になったりました。でもいつしか製造中止に…

そのZeroが、最新テクノロジーと新しいデザインを携えて帰ってきました!

EVZERO PATH Prism Golf

視界を遮らないフレームレス構造を採用、一部のモデルでは上下に拡張されたレンズでロードの前傾姿勢でも広い視界を確保、そして、限りなく0gに近い軽量化(実際は23gくらいあるけどw) を実現。ちょっとウルトラマンみたいな見た目ですが、使ってみるとその高機能振りを実感できます。

EVZERO PATH Photochromic

EXVEROは用途(スポーツ)別に数種類のモデルが用意されていて、ロードバイク用に路面の凹凸の認識率がアップするという「Prizm Road」ってモデルもあるのですが、最初に買ったのが上の写真の「Prizm Golf」です。なんでRoadじゃなくてGolfにしたのかは…それはただの見た目です(汗

ただ、あまりにPrizm Golfの使い心地が良いので、いきおいでもう1本買っちゃいました。それがこちらの「Photochromic」です。

EVZERO PATH PHOTOCHROMIC

EVZERO PATH PHOTOCHROMIC

なんとこれは調光レンズになっていて、紫外線の量に応じて自動的にレンズの色が変化するのです。透過率の変化幅は23〜69%となっています。

EVZERO PATH PHOTOCHROMIC

玄関出てすぐのところで紫外線にさらして、ダッシュで室内に戻って撮影しましたが、それまでの間にもどんどんレンズの色が変化してました。この反応速度なら実践でも使えそうです。ちなみに最初に紹介した「Prizm Golf」の透過率は30%です。

使ってみて

8年くらいずっとZeroを使っていましたが、時代の進化はすごいですね。Zeroで全く問題なんてなかったんですが、もっと良い世界があるんだって知りました。軽さもさることながら、抜群のフィット感で違和感が全くありません。前モデルより視界も広くなって快適です。

ふだん同じ商品を2個買うってことはしないのですが、これは思わずレンズ違いで買ってしまいました。「Photochromic」レンズを買ってからずっと台風で実践投入できてない(ロードに乗れてない)のが悲しい。

Amazonで買う!

(オークリー)OAKLEY (A) EVZero Path / EVゼロ パス アジアフィット

(オークリー)OAKLEY (A) EVZero Path / EVゼロ パス アジアフィット

クリエーター: 0

出版社: OAKLEY

商品カテゴリー: ウェア&シューズ

特徴: [付属専用ケース] あり, [ベース] 8, [ フレームカラー ] Polished Black, [ レンズカラー ] Black Iridium, 0.1, UVA, UVB, UVC,100%カット、青色光を400ナノメーターまで100%カットするPlutoniteレンズ, 米国工業規格ANSI Z80.3の高速・高圧衝及び光学テストを大幅にクリア, HDOレンズテクノロジーによる裸眼に近い高解像度と最小限の歪み

-SPONSER LINK-


PageTop